About

Posts by :

オーロラツアー 大好評受付中!

オーロラツアー 大好評受付中!

いつも弊社ウェブサイトをご覧下さりありがとうございます。

今回はイエローナイフでのオーロラ観賞ツアーについてKanaよりご紹介させて頂きます。

半年程遡った4月末、催行期間最終日滑り込みの34日で現地視察してまいりましたサーチ (調べる)目

4月末という事は真冬に比べて日照時間が長くなるわけで。

日照時間が長くなるという事は観賞時間にも響いて来るわけで・・・と、本当にオーロラは見えるのかと不安に思ってみたりしてげっそり (顔)

 

フライトによっては夜に到着するものもあります。

そこから大雪の中荷物を持って移動なんて考えるだけで心細くなりますが、ツアーには送迎も含まれているのでそんな心配は一切不要でするんるん (音符)るんるん (音符)

ツアー開始時間が夜の為、到着時間にもよりますが、夜に到着のフライトでも初日からツアー参加可能です。

空港からホテルへのバス移動中、ガイドさんから現地のお話を聞いているうちに上がって来ましたよ~テンションが~グッド (上向き矢印)

舞い上がりすぎて単なる夕焼けまでもがオーロラっぽく見えて来たり(←単純)。

 

 

 

 

 

日没時には観賞用ロッジに到着すべく、まだ薄明るい22時頃ツアーに向けて出発しました。

防寒具を着て準備万端のツアー参加者を乗せて、送迎バスが数軒のホテルを回りますホテル バスダッシュ (走り出すさま) ホテル

イエローナイフ空港からのホテル到着時は20時過ぎでしたが、それでも少し休憩して初日からツアーに参加出来るというのは時間の無駄もなく非常に効率的でした手 (チョキ)

観賞スポット到着までの車内で知り合った女性は、何と毎年このツアーに参加されていてもう4回目との事。

オーロラをまだ目にしていない私にはチョット不思議に思えてしまいました。

「他にも行ける場所や行きたい場所はあるはずなのに、毎年?」

 

ロッジ到着後は温かいスープや飲み物が配られます喫茶店

極寒の季節にはとっても有り難いですね!

私が参加した4月末は所々雪も融け寒さも和らいでいたので、到着後すぐ屋外にカメラをセッティングしオーロラの出現を待機している方も多く見られました。

私ですか?

腹が減っては戦は出来ぬという古人の素晴らしい言い習わしに倣い(←言い訳猫2)、配られたスープと共に『バノック(原住民族料理の一つでスコーンの様なもの)』を先にちょいと頂いてから・・・と思った矢先に、外で待機していたガイドさんの声が。

「オーロラ出て来ましたよ!」

私以外の腹ごしらえ組も皆一斉に立ち上がり外に出ると・・・すみませーーーん、なーーーんも見えないんですけど。

それでもガイドさんは「ほら、そこ」「そこにも」。

素人には雲の様に見えるものもオーロラの一部との事で、高感度の高いカメラでテキトーに数枚撮ってみると、めちゃくちゃ写ってるじゃないですかオーロラexclamation

単純な私はまたもやテンションが上がって来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜もすっかり深まり、バンクーバーでは見られない様な無数の星や流れ星もが見られる様になりました夜

すると空の遠くの方にヒラヒラ動くものが。

事前リサーチや話には聞いてはいたけどもあれがもしや?と思っているうちにみるみると大きく長く拡がり、色も雲の様な薄い白からグリーンやピンクに変化し始めました。

すると急に消え、あ~あと思っているとまた出現。

今度は逃すまいとカメラを構えるとサッと消える。

もーー!と悔やんでいる間に既に背後に出現済み。

なかなか焦らしてくれます、オーロラうれしい顔

そんなオーロラの光景に参加者全員が揃って一喜グッド (上向き矢印)一憂バッド (下向き矢印)した(「させられた」?)初日の夜でした。

 

 

 

 

 

長くなるのでメカニズムは割愛しますが、一般的にNorthern Lightsと呼ばれるこの”Aurora”は、地上に夜明けをもたらすローマ神話の女神の名前が由来なんだそうです。

それだけで、何年も何十年ももっと前の人々がオーロラに対して畏怖の念を抱いていたのだろうと窺える様な気がしますね。

また先住民の人々は、オーロラに亡くなった家族や先祖への想いを馳せる様です。

彼らにとってのオーロラは、先に亡くなった方々が「こっちの世界でも愉しくやっているから安心しておくれ」とメッセージを送ってくれているサインなんだそうです。

 

翌日のツアー開始まで丸1日自由時間があったので、ダウンタウンや博物館などに足を延ばしてみました。

またホテル近辺には大型スーパーもあったので、2日目のツアーに持参する為の飲み物やスナックなどを調達しました。

(ロッジ内ではお酒もOK! でも飲み過ぎにはご注意を危険・警告 (!)

名物バッファローステーキやイワナのお寿司、ビール醸造所など、オーロラ以外でも楽しめる町でした。

弊社からご案内の今年のオーロラツアーの内容を是非ご覧下さい。

ご自身での自由時間を不安に思われる方にぴったりのオプショナルツアー(有料)もいくつかございますが、今年のオーロラツアーは、何と2日目に犬ぞり体験ツアーがもれなく含まれているんです!

この犬ぞり、か~なりオススメです(クリック↓)ムード

Yellowknife with dog sledding

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬ぞりと一言で言ってもきっと重たいだろうし、わんちゃん達に対して何だか申し訳ないなぁあせあせ (飛び散る汗)と思っていました。

ガイドさんにそう伝えると、「他に何匹もいる中から自分を選んでもらいたくて、そりを開始する前はどの犬も飛び上がって興奮しているんですよ」と。

私が犬ぞりツアーに参加した日は、2組のチームが待機していました。

そり1台につき数匹の犬が配置されているのですが、実はポジション毎にちゃんと役割があるんですよひらめき

先頭の2匹は”Leaders”と呼ばれる頭脳派タイプで、操縦士の『Gee(右折)』や『Haw(左折)』といった指示を直接受けるのもこの2匹です。

これに続く数匹は協調性のある”Swing Dogs”で、外側に反れてしまう犬を軌道修正したりそりのスピードを一定に保つ役割を担っています。

そしてそりに一番近い最後尾の2”Wheel Dogs”は大抵は若い犬の為やんちゃではあってもパワーのあるタイプで、そりをスタートする時や登り坂でそのパワーを大発揮するんだそうです。

この様にそれぞれの役割をこなしながら、どの犬も楽しんで走っているんですね。

私が経験したそりのWheel Dogs達も走りながらじゃれ合っていて、お互いのロープが絡んでしまっては直してもらい、操縦士さんに繰り返し怒られていたのも可愛らしい光景でした目がハート (顔)

※雪が少ない等のコンディションにより催行不可となる事もございます。


 

 

 

 

 

 

 

それでもどうしても申し訳ないという気持ちが拭えないKana・・・車や他の手段で移動しない理由が何かあるのかと操縦士さんに尋ねてみると、「犬達は、一度通った道は絶対に覚えている。 だから大雪で道に区別がつかない時でも、犬達は必ず目的地まで行って出発地まで戻してくれる。」という、理に適った返答に納得させられました。

移動中のバスやキャビンで知り合った方々との交流も良い思い出となりました。

ガイドの方も多くの情報を熟知されていますので、オーロラについてだけでなく防寒対策やカメラの設定方法なんかもどんどん質問してみて下さい耳

ちなみに、下の写真が私の携帯で撮影したものです。

携帯でもなーーーんとなく写るんだという事がわかりました。

 

 

 

 

もっと極めたい!インスタ映えを狙いたい!!という方は、高感度カメラをご用意される事をお勧めします。

そこで、現地にお住まいの方からお借りした写真をご紹介します。

やはり迫力(そしてレベルそしてカメラのクオリティそして腕前そしてセンス)が違いますねdouble exclamation

※Enya、Deep Forestあたりの荘厳系BGMをイメージしながらゆっくりめにスクロールすると感動度数UP

※実際にPlayすると尚よし指でOK

 

今年も11/10よりオーロラツアーが開始し、お問合せ・ご予約をどんどん頂いておりますダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

社では航空券料金も併せてご案内、ツアーと同時のお手配が可能です。

せっかくのカナダご滞在中に、一度は是非お試し頂きたいオーロラ観賞ツアーをこの機会に是非ご検討下さい。

電話 6046856868

mail to info@skyland.ca

 

このブログを書いていると、私もまたオーロラ姫に会いたくなって来ましたぴかぴか (新しい)乙女座ぴかぴか (新しい)

オーロラに魅了されて現地に移住してしまう人も少なくないそうです。

今年もツアーに参加したら、5回目になるあの女性に会えるかな?

逆に私も「あ、この人去年もいた。 さてはオーロラにハマッてるな。」ときっと思われるんでしょうねウッシッシ (顔)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←単純なKanaのホームスクリーンもツアー参加後からずっとこれうれしい顔

(マウスパッドももちろん手 (チョキ)

1 Nightお気軽クルーズ体験♪

1 Nightお気軽クルーズ体験♪

いつも弊社ウェブサイトをご覧頂きありがとうございますほっとした顔

モントリオールの記事以来のKanaです。

一発屋の別名が付いてしまう前の滑り込み再投稿ですダッシュ (走り出すさま)

今回もどうぞよろしくお付き合い下さい。

さて皆さんは、「旅行」と聞くとどの様な移動手段をイメージされますか?

車や電車のお気軽旅行、新幹線や長距離バスで一足伸ばした遠出、飛行機に乗って海外旅行・・・日程や行き先によって様々です。

そこで今回は『船』での旅行、クルーズのお話です船ムード

旅行会社に勤めていながら、実は最近まで見学でしかクルーズ船に乗った事がなかった私です。

船と言えばSea Bus位しか乗る機会がありませんでしたが(恥)、せっかく太平洋沿いのバンクーバーに住んでいながらクルーズ未経験ではもったいないですもんねウッシッシ (顔)

何日も何週間もかけて数箇所を回って・・・とイメージしがちなクルーズですが、私がまずトライしてみたのはシアトル→バンクーバーの週末1晩コースです。

まず港にて乗船手続きです。

飛行機に乗るのと同じ様にIDチェック、セキュリティーチェックを済ませ、次はチェックインです。

チェックインが済むと名前入りのクルーズカードが手渡されます。

このクルーズカードは、ルームキー、船の乗り降りの際のID以外にも船内での支払いにも使えてしまう万能カードです手 (チョキ)

なのでハンドバッグなどは持たずにこれ1枚で身軽に船内を行き来出来るというわけです。

だからと言って身軽過ぎて紛失してしまわない様に要注意危険・警告 (!)

船内でいくら支払いに使ったかがわからず不安になっても、専用マシーンでチェック出来るので安心です。

乗船してから出航までの時間にまず部屋に荷物を下ろし、船内散策をし、少しお腹も空いて来たので軽く食事をする事にしました。

イタリアン、中華、インド料理・・・バフェには様々な種類のアイテムがズラリレストラン

まだ出港前なのにと思いながら、食後にはデッキに出てアイスクリームまで完食。

一度もカードを提示する機会がなかったにしても、あんなに食べてしまって本当に全てが乗船料金に含まれているのかとチョット不安に(チキン①)ひよこ

この日は少し肌寒かったのでプールに入っている人は少なめでしたが、それでも天気は最高に良かったのでデッキでのダンスレッスンやショー、屋上でのパターゴルフ等を楽しんで回りました。

写真後方に小さく見えるシアトルのダウンタウンも、みるみるうちに遠ざかって行きます。









エリアごとにまとまっての避難訓練もあり、安全面もバッチリです。

部屋に備え付けの救命ジャケットを1人1つずつ訓練場所に持参し、インストラクターの指導の下、万が一の非常時に備えての避難訓練です。

皆真剣に聞き入っていました。

(・・・あ、さっきデッキでのショーで歌を唄っていたお姉さんがインストラクターだ!)

訓練の後、一旦部屋に戻りリラックス家

私の部屋は船の後尾部分だったので、バルコニーに出て航路や太平洋の輪郭を眺めながらしばらく自分の世界に浸っていました・・・が、船の意外なスピードダッシュ (走り出すさま)と水面のワイルドさ霧に我に返ったKanaです(チキン②)ひよこひよこ

自分の世界に浸っている時には聞こえなかった隣のバルコニーの女性たちの声、「今夜は飲むわよ~」「誰かかっこいい人いたりして」・・・果たして良い出会いはあったのでしょうか猫2

さてさて。

船内でのWiFi環境は限られています。

1日だけだったので私は利用しませんでしたが料金を支払えばWiFiも利用可能ですし、船内のビジネスセンターではパソコンも使えます(有料)。

そういうわけで普段の様に携帯は使えないので、同行していた別メンバーとは部屋に備え付けられている電話を使って連絡を取り合いました電話

ディナー前の待ち合わせ場所を決める為です。

電話画面には発信者の名前が表示されるので、急に電話が鳴っても不審に思う必要はナシです(チキン③)ひよこひよこひよこ

何日かあるクルーズには『フォーマルナイト』というものがあり、ドレスアップした乗客達が船内を行き来しオトナな雰囲気が漂いますぴかぴか (新しい)化粧ブティック演劇ぴかぴか (新しい)

この1日クルーズには『スマートカジュアルナイト』が設定されていましたが、1日だけという事もあってか、私を含めキメ込んでいる人は多くはなかった様に思います。

それでも映画タイタニックに見る様なゴージャスな螺旋階段を目の前にすると、普段は着ない様な服を着て気取って写真を撮れば記念になったな~と内心思ったのでしたウッシッシ (顔)

クルーズ中最初で最後の夜は、白いテーブルクロスのファンシーなレストランでのディナーから始まりました。

前菜やメインを選びながら、またチキンなKanaが登場(④)ひよこひよこひよこひよこ

「値段は書かれてないし、って事は本当に全て含まれてるのかな・・・」

こんな素敵な夜にワインは欠かせませんワイングラス

ボトルをオーダーしましたが、この時にはメニューに値段が明示されていました。

ここでクルーズカード登場! サッッ

ディナーの後はカジノでちょっとギャンブルドル袋(即負け)、デッキで(寒さを堪えながら)映画鑑賞映画、クルーズカードをフル活用しカクテル片手バー (マティーニ)に(年齢層が若干高めの)ロックバンドライブを堪能。

少し眠くなって来たので、もう少し船内を散策してから部屋に戻る事に。

このクルーズを決める前は「朝までパーティする!」なんて意気込んでいた私ですが、やはり年には勝てませんねげっそり (顔)

部屋のふわふわベッドに引き寄せられるかの様に歩いている途中、ギャラリーに私の顔写真を発見どんっ (衝撃)

ディナー中にやたらハイテンションなカメラマンに撮られたものでした。

自分の顔のドアップ写真、いや、要りませんからNG

ですがファミリーやカップルの写真は、良い記念になると思います。

(監視スタッフ?の目を盗んで写真の写真をコッソリ撮っている人、数名)

部屋に向かうエレベーターを待っている時にふと気付いたのですが、Aloha DeckのA、Baja DeckのB、Caribe DeckのC・・・と、アルファベットや海にちなんだフロア名なんですね。 ヘェー

上層階にはクラブやエクササイズエリア、バスケットボールコートなどもありました。

贅沢気分を味わいたい方にはスパも良いかもしれません。

ショッピングを楽しみたい方には免税店やブティック、お土産屋さん等もありますし、小腹が空いた時に便利なピザスタンドやカフェ、売店などもあります。

船と言えどもこれだけのフロア数があると、一つの街がそのまま海面を移動しているかの様に思えて来ます。

年齢に合わせたキッズクラブも充実しているので、クルーズに参加した小さな子供たちは口を揃えて「帰りたくない」と言うそうですようれしい顔

掃除やお料理の心配がなく、出費も少なく楽しい事だらけのクルーズ。

子供に限らず、お父さんお母さんも誰でもきっと「帰りたくない」ですよね!

朝までパーティの意気込みも呆気なく計画倒れ、朝は早く起きて5:00amオープンのバフェに行こうと張り切っていた食い意地炸裂のKanaですが、迂闊にも寝過ごしてしまいましたバッド (下向き矢印) アルアル

寝心地が良すぎるあのベッドと枕のせいですね・・・

ハッと目が覚めるとバンクーバーに到着する少し手前でした。

(定番のどんより空で一気に現実に引き戻される)

ほぼ定刻通りに入港後も部屋のエリア別に降船時間が決められているので、そのタイミングを見計らってバフェにて朝食。

恐らく私と同じ様に寝過ごしたのであろう多くの人が、空きテーブルを探しながら右往左往。

運良く見付けた空きテーブルが大きめだったので、後から相席となったカップルとの会話を楽しみながらの朝食となりました。

そのカップルにとっては、もう7回目のクルーズなんだそうですexclamation

すっかりクルーズに魅了されているのでしょうね。

「次は3家族合同で行くからテーブル確保が大変だよ」と笑っていました。

こんな出会いがあるのもクルーズの魅力かもしれません。

ここで重要な情報。

たった1日のクルーズであっても、ルートによっては国境を越えるものがあります。

例えば今回のこのクルーズはバンクーバー(カナダ)とシアトル(アメリカ)間なので、ステイタスによってはアメリカ入国のESTA、カナダ入国のeTAの事前申請が必要となります。

「忘れてた!」という困ったさんはカナダ側の港で↓のコンピューターも使える様ですが、クルーズ旅行を決めたらその次は早めのステイタス確認もどうぞお忘れなく手 (パー)

只今Skyland Travelでは、この様な1日お試しクルーズパッケージをご案内中です!

私がトライしたシアトル→バンクーバーとは逆ルートのバンクーバー→シアトルを船中泊船、到着後は1日丸ごと自由観光しホテルに1泊ホテル、3日目も思いっきり自由時間を楽しんだ後はAmtrak地下鉄の夜の便にてバンクーバーへ戻って来るという驚きの充実内容です。

徹夜でパーティ予定の方はお手頃料金のインサイド(窓なし)、ちょっとでいいから外の景色が見たいという方はアウトサイド(小窓付き)、YOLOタイプの方はバルコニーと、お部屋のタイプもお選び頂けます。

お部屋が埋まるに連れ料金も上がってまいりますので、ご興味をお持ちの方はお早めにお問合せ下さい!

スケジュール詳細や空き確認につきましても、どうぞお気軽にお尋ね下さいウィンク

Skyland Travel   電話 604-685-6868 / mail to [email protected]

さてここまでで一体何匹のチキンが登場しましたでしょうか?

後日クレジットカード明細を目にした⑤匹目のチキンひよこひよこひよこひよこひよこは、真っ先にクルーズ部分をチェックしました。

ディナーでのボトルとカクテルその他、あとは自動徴収のチップが少し。

本当にあの食事やアクティビティは全て含まれていましたほっとした顔 ホッ

次はもう少し長めのルートに挑戦したいと思わされる様な、とっても充実したクルーズの旅でした。

モントリオール・成田間 直行便就航します!

モントリオール・成田間 直行便就航します!

 

Bonjour, ça va?

いつも弊社ウェブサイトをご覧頂きありがとうございます。

今回はKanaがモントリオールについてご紹介させて頂きます

どうぞお付き合い下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モントリオールと言えば『北米のパリ』、カナダにありながらも独特な雰囲気の素敵な街です。

初めてモントリオールを訪れた●年前(厳密には●●年前)、英語とフランス語が混ざった表示や店員さんの”Bonjour Hi”(フランス語と英語をひとまとめ)がとても新鮮でユニークに感じたものです。

バンクーバーにも多くあるスターバックスの表記も仏語の”Café Starbucks”と英語の”Starbucks Coffee”をひとまとめにして”Café Starbucks Coffee”、ケンタッキーフライドチキンもKFCならぬ”PFK” (Poulet Frit Kentucky)・・・普段見慣れたサインもまた違って見えて来たり。

現首相ジャスティン・トルドーさんのお父さんピエール・トルドーさんが過去に首相在任中ケベック州の公用語をこの様に英仏二ヶ国語に設定したというのも、ジャスティン・トルドーさんにまつわるエピソードになりつつありますね。

 

   

 

バンクーバーもここ数日でめっきり冷え込み、北方に連なる山々も雪をかぶり始めましたね

こちらでは大騒ぎのあの積雪もモントリオールでは日常茶飯事です。

遠い過去にプチ遊学留学をしたKanaですが、冬の寒い時季は雪掻きから始まる毎日でした。

雪とは切っても切れない縁にあるモントリオール、ダウンタウンなどの主要エリアでは実は地下街がとっても充実しているのをご存知ですか?

メトロ(地下鉄)の主要ラインに沿って、駅から直通のその地下街にはカフェやモール、大学、銀行、ホテル等が延々と続きます。

その距離なんと32km

地上と地下を繋ぐ通用口も120箇所以上だとか。

『Ville Intérieure(屋内都市)」とも呼ばれるこの地下街、世界最大と言われるのもなるほど納得です。

 

 

「寒い」「遠い」「英語が通じない」等といったイメージの強いモントリオールですが、そんな事はありません

夏にはジャズフェスティバルやMondial de la Bière(ビールフェスティバル)などのイベントがそこかしこにて頻繁に催され、秋には何と言ってもローレンシャン高原の紅葉

規模は大きくなくともLittle Italyや中華街等もありますし、Quartier Latin(カルチェラタン)、Plateau(プラトー)、Mile-End(マイルエンド)・・・エリアそれぞれにも異なった個性が感じられます。

また、19世紀の古い路地や建物が風情ある旧市街地は外せない見どころです。

モントリオールの代名詞Poutine(プーティン)やスモークミートサンドイッチもお店によって味が異なり、こういったB級グルメの食べ比べも楽しいかも

そしてあのシルクドソレイユの発祥地や北米ゲーム産業の集積地であったり、実はモントリオール・・・すごいんです  

 

 

  

 

  

 

  

 

 

そこで朗報

来年6月、モントリオールと成田を繋ぐAir Canada直行便が就航します!

バンクーバーからモントリオールまでひとっ飛び、数日観光を楽しんでから日本へ帰国。

または鉄道でゆっくり景色を眺めながら西から東へ・・・というのも良さそうですね。

そして何より、モントリオール在住の方にとってはカナダ国内の別都市を経由する必要がなくなるというのは嬉しいニュースですよね

早速スケジュールをご案内しましょう(2017年11月現在)。

 

 

 AC5便   モントリオール 14:05 → 成田 15:50(翌日着)
 AC6便   成田 17:30 → モントリオール 16:30(同日着)

 

 

飛行時間は往路12時間45分、復路12時間です。

このスケジュールだと日本国内線への乗り継ぎも心配ありませんね。

片道はエコノミーでもう片道はちょっと贅沢にプレミアムエコノミー、奮発してビジネスなどという組み合わせも可能です

是非、セール料金や空席状況などお問合せ下さい!

 

 

Skyland Travel             604-685-6868  /  [email protected] 

 

 

モントリオールの魅力が少しでも伝わりましたでしょうか。

え、まだですか?

それではとっておき情報を・・・モントリオールでは、普通のスーパーやデパナー(コンビニ)でもアルコール飲料が買えてしまうんです

これはもう、行くしかないでしょう!

 

   

 

皆さんのモントリオールお薦めスポットも是非お聞かせ下さい

 

 

*******************************

 

【おまけ】

 

冒頭の”Ça va?”、これはとっても便利な言い回しです。

「やあ、元気?」 「元気だよ」、「大丈夫?」や「どんな感じ?」など、覚えておくと多くのシーンで使えます。

これは本場フランスのフランス語と変わりませんが、ケベックでのフランス語(ケベコワ)独特の単語もあります。

例えば”weekend”(週末)。

フランスのフランス語では”week-end”、でもケベコワでは”fin de semaine”(週の終わり)。

「どういたしまして」の“You are welcome”は”De rien”、ケベコワでは”Bienvenue”。

掘り下げると、このBienvenueはフランスでは「ようこそ」の”Welcome”になるんです。

 

発音も微妙に違います。

例えば”Canadian”。

「カナディアン」ではなく、どちらかと言うと「カナズィアン」に近い感じです。

セリーヌ・ディオン、いやセリーヌ・ズィオンのフランス語もまさにケベコワです。

ご旅行前にちょっとした単語や言い回しを覚えておいて、現地で実際に使ってみるのも楽しいかもしれませんね