ジャパンレールパス

日本国内を鉄道で旅行して回るのに最も経済的なパスです。
東海道・山陽・九州新幹線の「のぞみ」号・「みずほ」号が利用不可。

引換証のお値段(2015年2月現在)

ジャパンレールパス

ジャパンレールパスにはグリーン車用と普通車用の2種類があり、さらにそれらが7日、14日、21日間用パスに分かれています。それぞれのパスの適用範囲については、ジャパンレールパスの適用範囲をご確認ください。
上記の金額が毎週月曜日にカナダドルレートで換算されて金額が出ます。 また、パスのこども料金は引換証の発行日において6歳から11歳までの児童に適用されます。

購入対象者

(1) 外国から「短期滞在」の入国資格により観光目的で日本を訪れる外国人旅行者

日本の入国管理法が定める「短期滞在」の在留資格により、観光等の目的で15日間もしくは90日間の滞在が許されます。日本への入国にあたり観光目的の滞在を希望すると、入国審査官はあなたのパスポートに下記の「短期滞在」のスタンプ/シールを押します。

  • ※ ジャパンレールパスは、パスポートにこのスタンプ/シールを受けた方だけが引換・利用することができます。
  • ※ 自動化ゲートを使用する際は、パスポートにスタンプ/シールが押されませんので、有人の自動化ゲートをご利用いただくか係員にお申し出のうえ、スタンプ/シールを受けてください。
ジャパンレールパス
ジャパンレールパス
ご注意
※ たとえ引換証を携えて訪日しても、この「短期滞在」の入国資格をもたないと、ジャパンレールパスとの交換は実行されません。(したがって、「研修」「興行」「再入国」等の資格で入国した場合は、ジャパンレールパスに引き換えることはできません。日本の入国管理法における「短期滞在」の概念は、一般的な意味での「短期間の滞在」とは厳密に異なるものであることをご理解ください。)

(2) 日本国籍をもって日本国外に居住し、下記条件を満たす方

引換証の購入時とジャパンレールパス引き換えの際には、下記の書類をお持ちください。

その国に永住権をもっている場合

次の3つを証明する書類が必要です

  • ・日本国のパスポート
  • ・PR Card (永住権カード)
  • ・下記のうち、a・bのどちらか1つ
    a) カナダのDriving License
    b)公共料金の請求書(最新のもの)のコピーで可能 —  公共料金、電話・水道・電気料金の請求書でOK

* 公共料金の請求書のほうが望ましい。
そして、引換証を購入した日から3ヶ月以内に引き換える必要があるので注意してください。(例:引換証発行日が4/15の場合、7/14まで引き換え可能)
また、子どもはカナディアンパスポートのみが購入できます。

日本国外に居住する外国人と結婚している場合

次の3つを証明する書類が必要です

  • ・本人が日本国外に居住していること
  • ・外国人と結婚していること
  • ・配偶者(外国人)が日本国外に居住していること

お客さまがご用意された書類においてa、bの資格を証明する記述がない場合および電子データ等によりその場で資格を確認できない場合は、パスの引き換えをお断りされる場合がありますので、ご注意ください

ご注意

※ お客さまがご用意された書類においてa、bの資格を証明する記述がない場合および電子データ等によりその場で資格を確認できない場合は、パスの引き換えをお断りさせていただくことがあります。

有効期間と引き換えについて

  • ・ジャパンレールパスの有効期間は、パスの利用を開始した日から連続する7日間、14日間、21日間です。
  • ・引換証を購入した日から3ヵ月以内にジャパンレールパスと引き換えてください(例:引換証発行日が4/15の場合、7/14まで引き換え可能)。引き換え時に、パスの利用を開始する日を決めてください。利用開始日はパスの引き換え日から1ヵ月以内のお好きな日が選べます。
  • ・パスに一旦記載された利用開始日を変更することはできません。
詳しい情報は下記リンクのJAPAN RAIL PASS 公式HPに記載されています。

その他のお取り扱い・情報

日本国内線エアーパス
日本呼び寄せ航空券
ビジネスクラス割引

ジャパンレールパスについてお問い合わせ