モントリオール・成田間 直行便就航します!

 

Bonjour, ça va?

いつも弊社ウェブサイトをご覧頂きありがとうございます。

今回はKanaがモントリオールについてご紹介させて頂きます

どうぞお付き合い下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モントリオールと言えば『北米のパリ』、カナダにありながらも独特な雰囲気の素敵な街です。

初めてモントリオールを訪れた●年前(厳密には●●年前)、英語とフランス語が混ざった表示や店員さんの”Bonjour Hi”(フランス語と英語をひとまとめ)がとても新鮮でユニークに感じたものです。

バンクーバーにも多くあるスターバックスの表記も仏語の”Café Starbucks”と英語の”Starbucks Coffee”をひとまとめにして”Café Starbucks Coffee”、ケンタッキーフライドチキンもKFCならぬ”PFK” (Poulet Frit Kentucky)・・・普段見慣れたサインもまた違って見えて来たり。

現首相ジャスティン・トルドーさんのお父さんピエール・トルドーさんが過去に首相在任中ケベック州の公用語をこの様に英仏二ヶ国語に設定したというのも、ジャスティン・トルドーさんにまつわるエピソードになりつつありますね。

 

   

 

バンクーバーもここ数日でめっきり冷え込み、北方に連なる山々も雪をかぶり始めましたね

こちらでは大騒ぎのあの積雪もモントリオールでは日常茶飯事です。

遠い過去にプチ遊学留学をしたKanaですが、冬の寒い時季は雪掻きから始まる毎日でした。

雪とは切っても切れない縁にあるモントリオール、ダウンタウンなどの主要エリアでは実は地下街がとっても充実しているのをご存知ですか?

メトロ(地下鉄)の主要ラインに沿って、駅から直通のその地下街にはカフェやモール、大学、銀行、ホテル等が延々と続きます。

その距離なんと32km

地上と地下を繋ぐ通用口も120箇所以上だとか。

『Ville Intérieure(屋内都市)」とも呼ばれるこの地下街、世界最大と言われるのもなるほど納得です。

 

 

「寒い」「遠い」「英語が通じない」等といったイメージの強いモントリオールですが、そんな事はありません

夏にはジャズフェスティバルやMondial de la Bière(ビールフェスティバル)などのイベントがそこかしこにて頻繁に催され、秋には何と言ってもローレンシャン高原の紅葉

規模は大きくなくともLittle Italyや中華街等もありますし、Quartier Latin(カルチェラタン)、Plateau(プラトー)、Mile-End(マイルエンド)・・・エリアそれぞれにも異なった個性が感じられます。

また、19世紀の古い路地や建物が風情ある旧市街地は外せない見どころです。

モントリオールの代名詞Poutine(プーティン)やスモークミートサンドイッチもお店によって味が異なり、こういったB級グルメの食べ比べも楽しいかも

そしてあのシルクドソレイユの発祥地や北米ゲーム産業の集積地であったり、実はモントリオール・・・すごいんです  

 

 

  

 

  

 

  

 

 

そこで朗報

来年6月、モントリオールと成田を繋ぐAir Canada直行便が就航します!

バンクーバーからモントリオールまでひとっ飛び、数日観光を楽しんでから日本へ帰国。

または鉄道でゆっくり景色を眺めながら西から東へ・・・というのも良さそうですね。

そして何より、モントリオール在住の方にとってはカナダ国内の別都市を経由する必要がなくなるというのは嬉しいニュースですよね

早速スケジュールをご案内しましょう(2017年11月現在)。

 

 

 AC5便   モントリオール 14:05 → 成田 15:50(翌日着)
 AC6便   成田 17:30 → モントリオール 16:30(同日着)

 

 

飛行時間は往路12時間45分、復路12時間です。

このスケジュールだと日本国内線への乗り継ぎも心配ありませんね。

片道はエコノミーでもう片道はちょっと贅沢にプレミアムエコノミー、奮発してビジネスなどという組み合わせも可能です

是非、セール料金や空席状況などお問合せ下さい!

 

 

Skyland Travel             604-685-6868  /  info@skyland.ca 

 

 

モントリオールの魅力が少しでも伝わりましたでしょうか。

え、まだですか?

それではとっておき情報を・・・モントリオールでは、普通のスーパーやデパナー(コンビニ)でもアルコール飲料が買えてしまうんです

これはもう、行くしかないでしょう!

 

   

 

皆さんのモントリオールお薦めスポットも是非お聞かせ下さい

 

 

*******************************

 

【おまけ】

 

冒頭の”Ça va?”、これはとっても便利な言い回しです。

「やあ、元気?」 「元気だよ」、「大丈夫?」や「どんな感じ?」など、覚えておくと多くのシーンで使えます。

これは本場フランスのフランス語と変わりませんが、ケベックでのフランス語(ケベコワ)独特の単語もあります。

例えば”weekend”(週末)。

フランスのフランス語では”week-end”、でもケベコワでは”fin de semaine”(週の終わり)。

「どういたしまして」の“You are welcome”は”De rien”、ケベコワでは”Bienvenue”。

掘り下げると、このBienvenueはフランスでは「ようこそ」の”Welcome”になるんです。

 

発音も微妙に違います。

例えば”Canadian”。

「カナディアン」ではなく、どちらかと言うと「カナズィアン」に近い感じです。

セリーヌ・ディオン、いやセリーヌ・ズィオンのフランス語もまさにケベコワです。

ご旅行前にちょっとした単語や言い回しを覚えておいて、現地で実際に使ってみるのも楽しいかもしれませんね