クルーズ見学 Holland America 『ms Nieuw Amsteadm』

Tadです

最近Water Frontに行くとクルーズの船をたくさん見ることがありませんか

春から秋にかけてアラスカクルーズの時期なのでたくさんの船がバンクーバーに寄港してます

そこでHolland  Americaという会社の『ms Nieuw Amsteadm』という船を見学してきましたのでお知らせします。

まず外観です。

DSC_0385

DSC_0382

DSC_0381

船が大きすぎて全体写真が撮れませんでした

この『ms Nieuw Amsteadm』は2106名のお客様が乗ることができ、乗務員も900名くらい乗りますので合計で3000名、小さな村が海の上に浮かんでるイメージでしょうか

DSC_0271クルーズではいつの曜日かわからなくなることがあるからか、エレベータの床にはその日の曜日が記されてました。

 

 

 

 

 

DSC_0282

DSC_0283

DSC_0370

クルーズの中には上のようなプールも完備されており、プールの周りにはビーチチェアが置かれていて太陽の光を浴びながらのんびりなんてのもいいかもです

ちなみにプールの上の天井は開閉式になってるので(一番左の写真)とても解放的でした

他にもジムやスパ、図書館なども完備されていたので、やることがいっぱいあって退屈になんてならなそうです

DSC_0373

DSC_0375

こちらのエリアに本やゲームなどが置いてあるので、読書をしたりゲームをしたりできます。麻雀もありましたよ

ここにはパソコンも置いてあったんですが、やはり船の上、インターネット代がとても高かったです

US$0.75/minuteでその都度使うか以下のようなお得なプランもありました。(船によって料金が異なることがあります)

100 min 55 US$ 0.55 US$/min
250 min 100US$ 0.40 US$/min
500 min 175 US$ 0.35 US$/ min
1000 min 250 US$ 0.25 US$/ min

自分はスマートフォンやらパソコンから離れられない生活を送ってしまってるので、もしクルーズに行く機会があったらこの間は『デジタル・デトックス』をしてみたいですね

お部屋もみてきました。こちらのお部屋は『Neptune Suites』と呼ばれるバルコニーのついたお部屋です。別途もキングサイズで大きく、お部屋もクルーズの中とはおもえないほど広々としてました。お風呂もバスタブ完備の大きなお風呂、そしてバルコニーにはデッキチェアが6個も置けるほどの広さでした。こんな部屋で海を見ながらのんびりしてみたいですね

DSC_0299

DSC_0301

DSC_0303

DSC_0309

クルーズには外向きの部屋もあれば内側のお部屋もあります。インサイドキャビンと呼ばれるお部屋には窓がありません。

窓がないお部屋を始めてみたんですが、見るまでは窓がないお部屋なんて息苦しそうかなって思っていたのですが、思ったよりもお部屋も広く、またクルーズ経験者の方から聞いた話では、あまりお部屋にいることはなく、寝に帰るくらいだよって言っていたので、寝るだけと割り切って考えれば十分なお部屋です。ただこちらのインサイドキャビンにはバスタブがなかったので、足が延ばしたいなって人はプールのジャグジーに行ってもいいですね

DSC_0336

DSC_0340

他にもクルーズの中には舞台やカジノなどもあり、いろいろ楽しめそうです

DSC_0367

DSC_0328

DSC_0331

一番右端の写真はカジノにあった面白いユーホーキャッチャーみたいなものです。最高1,000 US$当たるみたいですよドル袋ドル袋ドル袋

DSC_0355

 

クルーズにはこんな吹き抜けの階段もあります。私の勝手なイメージですがクルーズにはこんな感じの吹き抜けの階段が絨毯張りであり、どれを着飾った女性をタキシードの男性がエスコートして降りてくる、みたいなイメージを持ってました でも話を聞きますと、この階段の下でカップルで写真を撮ってもらうケースも結構あるようです。クルーズに乗る際はフォーマルな服装を1着は持っていくそうなので、私もいつかは写真を撮ってみたいものです

 

 

 

 

 

今回は停泊中の船でしたので、お料理などがご紹介できませんでしたが、基本的な情報をお知らせします。

基本ご飯は料金に含まれてます。ただお酒は含まれておりません。また何か所のレストランはお金がかかるレストランもあります。通常のバフェットよりもスペシャルな体験ができると思います。また先ほどご紹介した本やゲームが楽しめるエリアにカフェがあったのですが、これもまた有料でした。スパやマッサージなども有料になります。

記事では書ききれないことばかりですが、ご不明な点はぜひスカイランドへお問合せください

Tadでした